万が一の際に知っておきたい服レンタルの対処方法や弁償について

- 万が一の際に知っておきたい服レンタルの対処方法や弁償について

万が一の際に知っておきたい服レンタルの対処方法や弁償について

万が一の際に知っておきたい服レンタルの対処方法や弁償について
服レンタルはその名前の通り「借りる」という形です。
ですので自分のものではありません。
だからこそ、着用時には少し気にかけているという方も少なくないようですが、やはり日常的に着るアイテムをレンタルしている方ですと汚してしまったりということも出てくるかもしれません。
このような場合、弁償などが発生してしまうのでしょうか。

汚れやシミをつけてしまった場合について

食事をしていたら少し服につけてしまった。
そのほか汚れがついてしまった。
などということもあるでしょう。これは日常的にもよくあることではないでしょうか。
こうしたものに対する弁償ですが原則として無いという認識でよいかと思います。
ただし、あくまで日常的な汚れであると判断された場合・クリーニングで落とせる範囲ということを認識していただきたいと思います。

通常のクリーニングでは落とせないほど汚れをつけてしまったなどという場合には特別な処置が必要となるためにその分の料金が発生する場合もあります。
こうした点につきましては、各メーカーの公式サイトにて記述がなされているかと思いますのでご確認いただけたらと思います。

服やアイテムの破損について

あまり多いケースではないのですが、万が一の際にも知っておきたい破損についても触れておきましょう。
服の破損とは例えば「破ってしまった」「ファスナー類を壊してしまった」「ボタンを取ってしまった」などというのがわかりやすい部分かと思います。

これらは別途料金が発生します。
上記のようなことは日常的に起こるとこではないと判断されるのがその理由となっています。
中にはボタンやファスナーくらいは自分で治せるのだからそれで対処すればよいのではないか?と考える方もいらっしゃるようです。
確かに、自分自身のアイテムであればそのような対処も良いでしょう。
しかしあくまで借りているアイテムですので「手を施さずにそのままの状態で返却をする」という義務責任があります。
ですから、対処は一切せずにそのままの状態で報告をしていただきたいと思います。

アイテムをなくしてしまった場合について

年を通しても各メーカーにおきましては多いものではありませんが、借りたアイテムをなくしてしまった。
そのようなことも考えられます。
例えば旅行先で紛失してしまった・外に干していたら風に飛ばされてしまったなどがわかりやすいかもしれません。
なくしてしまった場合にはその製品を「買い取る」という形になますので、アイテム料金すべてを別途支払うということになります。

次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP

Copyright(C)2020 万が一の際に知っておきたい服レンタルの対処方法や弁償について All Rights Reserved.